個人事業主でもビジネスローンの借り入れはできるのか?

法人であれ個人事業主であれ、ビジネスローンの借入は可能です。
個人事業主の場合、確定申告が白色申告と青色申告に大別できますが、記帳がしっかりとなされ、金融機関にとって財務内容が把握しやすい青色申告が望ましいことは言うまでもありません。
ビジネスローンは、大手の銀行をはじめ、ほとんどの銀行や信金等が取り扱っています。個人事業主が借り入れる際の注意点を以下に記します。
先ず第一に、借り入れをしようとする金融機関となんらかの取引やつながりがあり、事業内容のある程度を理解してもらっていることが大切です。ビジネスローンを申し込むこと自体に大きな問題はありませんが、審査に要する時間が大きく変わってくることになるからです。次に、ビジネスローンの融資希望額が、財務内容から見て無理のない範囲内に設定されていることが大切です。これには、安定した売り上げを確保し、きちんと利益を上げているか、累積赤字が蓄積し危険な財務内容でないか等が重要なポイントとなってきます。
そして、第三に、返済能力が問われます。借り入れ期間内に正常な返済が見込めるのか、取引先は大丈夫か、不良債権化した売掛金などを抱えていないかなど、注意が必要です。
最後に大切なもの、それは、事業主の仕事に対する熱意です。融資担当者は人間です。したがって、その事業主の熱意が本物であることを見抜けば、必ずや融資を実行してくれるはずです。熱意はやる気、意欲の表れであり、人が物事に心血を注いで打ち込むうえで必要不可欠なものなのです。
金融機関は、そんな情熱を持ち、意欲に満ちあふれた個人事業主を、とても大切なお客様として扱ってくれるところです。